どうするiPhoneXのバックアップ

iPhoneXを誤って地面に落としてしまったり、コーヒーをこぼしてしまったりしたら、保存しておいた写真や動画、あるいはアプリのデーター等に被害が及ぶかも知れません。

ですからその様な事態を想定して、まだデーターのバックアップを考慮せずに使用しているのであれば、早急に対応策を講じる必要があります。iPhoneXに収められているデーターのバックアップには幾つかの種類がありますが、代表的な2種類の方法を適宜選択して利用すると良いでしょう。その一つ目としては、iPhoneXを開発したメーカーが提供している無料で5GB迄クラウドに対応したストレージを利用する事です。このサービスは更に月額に一定額を支払うと、より大きなストレージ領域を確保出来る様になっています。



またバックアップを自動実行させるには、iPhoneXに電源を供給出来る状態になっている事やロックされている事、そしてWi-Fiに接続されストレージに必要十分な領域が残っている事が必要です。二つ目の方法はiPhoneXを開発したメーカーが、無料で配布をしている音楽等を楽しめるメディアプレーヤーを利用して、パソコンにUSBケーブル等を利用してバックアップする方法です。

この方法のメリットは、一つ目に示した方法では賄いきれなかった対象のデーターをバックアップ出来るので、Webブラウザーのブックマーク等もバックアップ出来ます。

しかし注意したいのは、全てのバックアップが出来る訳では無いという事です。

もし全ての当該のスマートフォンにあるデーターをバックアップしたいというのであれば、有料アプリを探して見ると良いかも知れません。
iPhoneXでアプリを楽しみたいけど、維持費が高いと感じている方も多いと思います。
そのような方に朗報なのが最近リリースされた第6世代のiPodtouchです。


第6世代のiPodtouchは、iPhoneXと同等のカメラや機能を備えています。

アップルはここ2、3年iPhoneXシリーズの開発に注力してきました。
そしてこの間、iPodtouchは第5世代のリリースを最後に今まで放置されてきました。iPodtouchによる2年間の停滞の後、アップルは最後にiPod市場に革命をもたらす新しいiPodtouchをもってきました。



第6世代のiPodtouchは、iPhoneXと5から、多くのモジュールが移植されています。

カメラは、第5世代のiPodtouchの5メガピクセルから、8メガピクセルのメインカメラに変更されました。

もう一つの特徴は、64ビット・プロセッサーM8モーションコプロセッサです。



第6世代のiPodtouchは、iPodtouchの特有の4インチRetinaディスプレイを備えています。

このディスプレイは、iPhoneX、5sで熟成されたディスプレイです。iPodtouchが16GBのモデルは2万円台とこの性能なら非常に割安感があります。
MVNOのデータ専用SIM+モバイルルーターなどと組み合わせて、iOSデバイスを安価に手に入れたい人たちには、良い選択になるのではないでしょうか。