離婚カウンセラーとは何か

日本の離婚率は年々高くなってきています。

3組に1組の割合で離婚しているといわれており、夫婦の問題が起きた時に解決できずに別れを選ぶ人が多いことを示しています。離婚に至る理由は人それぞれですが、夫婦の問題について誰かに相談したい、どうしたらいいのかわからない、という場合は、離婚カウンセラーに依頼することがおすすめです。離婚カウンセラーというと、離婚を推奨しているように感じる人もいるようですが、実際には夫婦問題全般を扱うカウンセラーのことです。

夫婦関係に問題が生じたときに、離婚という選択肢もありますが、夫婦関係を修復するという選択肢もあります。離婚というのが最善の方法ではない場合もあるのです。別れだけでなく、修復する方向のカウンセリングも行ってくれるのが離婚カウンセラーの業務といえます。家族問題の相談役といった役割をしてくれる人のことを指しています。

離婚カウンセラーに相談するメリットは、夫婦にとって将来的にどのような選択をすれば有益になるかどうかを考えてくれるという点です。夫婦がおかれている状況や将来的な展望を含め、今までにあった多くの症例をサンプルにし、夫婦の利益を最大にしてくれるよう力を貸してくれます。離婚カウンセラーは、NPO認定の資格なので、通信、通学講座などで認定講座を受講し習得すれば資格を取得することができます。将来の自分のために受講する人もいますが、資格取得後に独立開業する人も多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *