法律事務所に相談に行く人がたくさんいる

遺言を遺す人が増えています。

最近では、遺産を巡ってトラブルになるケースが増えています。そのようなトラブルを防ぐためにも相続人間で遺産分割協議をして分配方法を決めるのですが、この遺産分割協議を行っても決着がつかずに話しが拗れてしまって裁判沙汰になってしまう場合が多々あるのです。もし遺産が金銭だけであれば法定相続分通りに分け合えば済むのですが、遺産は金銭だけでなく土地や建物などの不動産や株式など多岐にわたります。そのため何をどう相続するかで揉めてしまうことが、よくあるのです。

自分の残した遺産を巡って家族間で争うことは、亡くなった方にとっては絶えられないことです。ですからそういったことにならないためにも、遺言を遺して予め遺産についての分配方法を決めてしまう人がたくさんいるのです。しかし遺言書は間違った方式で書くと無効になってしまいます。せっかく書いたのに無効となったのでは、残念でなりません。そこで遺言の書き方について、法律事務所に相談する人が増えているのです。

遺言書は公正証書遺言で書かれる場合が多いのですが、民法で規定されている書き方を誤まると無効となります。そのためどのように書いたら無効になるかなどを、しっかりと法律事務所で聞く人がたくさんいるのです。法律事務所の方でもたくさんの人が遺言書を書くようになったこともあって、その書き方についての講座を開いている場合もあります。ですから遺言書を遺そうと考えている人は、そのような講座で遺言書の書き方について聞くのも良いと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *