弁護士と支援するスタッフで構成される法律事務所

法律的なトラブルに巻き込まれてしまい、専門家の助力が必要だと思ったら、迷わず弁護士に依頼するべきだといえます。

弁護士は法律の専門家であると同時に、法的なトラブルを数多く経験しており、相手側との交渉においても、交渉を有利に進めてくれる存在であるからです。ほとんどの弁護士は法律事務所に所属していますが、法律事務所には弁護士の他にも、その業務をサポートするためのさまざまなスタッフが在籍しています。たとえば私たちが最初に問い合わせを行う際には、弁護士本人が対応するのではなく、そうした支援を行っているスタッフが対応してくれ、その後に弁護士に取り次いでくれることがほとんどです。

いきなり弁護士と話すのでは相談する側も緊張してしまいますが、いったんスタッフが対応することで、落ち着いて話をすることができたという人も少なくありません。また法律事務所には複数の弁護士が所属していることが多く、急いで手続きを進めなければならない場合などには、複数の弁護士が協力し合い、期限に間に合うように業務を進めてくれることもあります。

また担当している弁護士に経験のない事項に直面してしまった場合には、周囲の弁護士がサポートすることも少なくありません。法律にまつわるトラブルの当事者になってしまった場合には、法律的な知識があり、またかつて同じような交渉を行った経験があるかどうかということが、決定的なアドバンテージになりかねません。そのためこうした事態に陥ってしまった場合には、できるだけ早く弁護士や法律事務所に相談することから始めるとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *