法律事務所と労使問題

法律事務所といえば、刑事事件の弁護や債務整理などが思い浮かびますが、最近では会社におけるセクハラやパワハラといった労働関係の問題も多く取り扱っています。

セクハラやパワハラのように、会社における地位、立場を悪用して、従業員に対して本来の義務ではないような行為を強いることは、けっして許されるべきではありません。こうした場合には、相手に対する損害賠償を請求できるほか、たとえばそのことが原因となって精神障害を発症したような場合には、労働災害としての認定を受けるということも可能となっています。

しかし、実際に従業員として働いている人がこうした解決方法について豊富な知識をもっているということはまれですので、法律事務所が本人になりかわって、さまざまな手続きを行うということになります。セクハラやパワハラといった問題が特殊なのは、会社という閉鎖的な組織のなかで行われることであり、雇用契約の上での使用従属関係との境界線があいまいであることや、密室で行われるために事実関係の証拠を得ることが難しいといったことが挙げられます。

そのため、知識以前の問題として、法律の素人がみずから対応しようとしても、会社側にうまく丸め込まれたり、裁判などで有効な論証ができないといったことになりがちです。法律事務所への相談と依頼によって、そうした法律上のテクニックを含めたさまざまな点をアドバイスしてもらうことができますので、独力で解決しようとするよりも、大きな力を手にすることができるはずです。
みんなの法律広場のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *