相続による自動車の名義変更と弁護士事務所への依頼

亡くなった人が自動車を所有していた場合には、当然ながら他の現金や預貯金などの財産と同じように、相続人がその自動車に関する権利・義務を引き継ぐことになります。

このような場合については、新車のナンバープレートの交付を受けるときと同様に、自動車の本拠地を管轄する運輸支局での移転登録という名義変更のための手続きが必要となります。ただし、相続が原因となっている場合は、添付書類を揃えるだけでもかなりの労力を必要としますので、地域のなかで弁護士のいる法律事務所などを探して、手続きの代行を依頼することが望まれます。

一般的な自動車の移転登録であれば、申請書のほかにその自動車の車検証や自動車税の納税通知書、前の持ち主の印鑑登録証明書などの書類があれば可能です。ところが、相続が原因となっている場合には、すべての相続人の署名捺印による遺産分割協議書や戸籍謄本など、亡くなった持ち主との関係や、新たに相続したことを証明するための別の書類が必要となってきます。

こうした書類が必要だという認識だけでも、弁護士などの専門家ではない一般の人にとっては想定外のこととなりますので、これも自力での手続きを難しくしている理由のひとつになっています。弁護士のいる法律事務所であれば、必要書類の取捨選択や具体的な書き方などの知識はひととおり持っているはずであり、何よりも公的な書類を弁護士としての権限で取り寄せたり、依頼主本人に代わって申請を行ったりすることが法律上も可能になっていますので、そうした点でも気を遣うことがなくて安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *