離婚歴のある方の相続にも対応できる弁護士

バツ1やバツ2など、離婚歴のある男性と結婚している女性は多いですが、もし男性の方が先に亡くなってしまった場合は、遺産相続の問題が起こりやすいので注意することが大切です。

奥さんにとっては、男性の過去のことなんて知らないし、聞こうと思ったことすらない場合もありますが、男性が亡くなったことを知ると、別れた妻子があらわれ、遺産を要求するかも知れません。奥さんとしてはそんなことになるとびっくりしてしまうでしょうし、遺産が多ければ多いほど、話がまとまらなくなります。

中には連れ子再婚で、夫の実子でもないにもかかわらず、遺産を求めるようなケースもあるので、いくら夫の前の結婚相手だったとはいえ、奥さんとしては納得いかないものがあるでしょうね。そんな揉め事が起こるのを防ぎたいなら、事前に男性の方がきちんと遺書を書いて、残しておく必要があります。遺書といっても、メモ用紙に適当に書いたようなものでは法的に認められないので、弁護士に相談して、指示された通りに書くことをおすすめします。

弁護士は誰でも、相続に関しては非常に詳しいので、男性が亡くなった後、奥さんが困ることがないよう、スムーズに手続きをしてくれるので安心です。どこの弁護士事務所に依頼したらいいのかわからないときは、インターネットで口コミの評判を調べてから選ぶようにしてください。これまで多くの相続問題を解決してきたベテラン弁護士であれば、安心して任せることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *