相続のことは弁護士に相談

人が亡くなると遺産が発生し、同時に相続が開始されます。

そして遺産の全ては配偶者や子供、孫が受け継ぐことになります。この時点では特に法律的な手続きも必要なく、相続人たち全員が話し合いによって遺産分割をしていくことになります。この遺産分割について話し合うことを「遺産分割協議」と言いますが、これが最近どんどん難しくなっています。仲が良い兄弟や親子でも相続が絡むともめてしまう事は結構多いです。

現状、日本の法律では「誰が相続人に該当するか」と「それぞれの取得割合」しか定められていません。なので、例えば同じ兄弟でも故人の介護を懸命にした方とそうでない方、同居していた方とそうでない方の取得割合は同じになります。また、遺産には土地や不動産のような簡単に分割できないものも含まれます。このように相続には様々な事情や問題が複雑に絡んでくるので、多くのケースでトラブルが発生しやすくなっています。

遺産分割協議は自分たちだけで行えれば良いのですが、お金のことが絡んでいるので冷静に話し合うことが難しいでしょう。そういう時は専門家である弁護士を通して協議を進めると良いです。弁護士は法律のプロで幅広い知識と情報、経験を持っており、第三者という立場から冷静に物事を判断できるのでスムーズに問題を解決できます。弁護士費用が気になっている場合は無料相談を受け付けている弁護士事務所もあるので、まずはそちらを利用してみるのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *