遺産相続は弁護士にご相談ください

近親者がお亡くなりになる、大変悲しいことですが、現実的な問題として冷静に取り組まなければいけないのが遺産相続です。

今ではネット検索で様々な情報を入手することができますが、ここはやはり弁護士に相談することをお勧めします。遺産と一言で言っても、プラスの遺産(通常の不動産や預貯金)だけではなく、マイナスの遺産(借金や保証人という地位)があります。そして、遺産を相続するということは、これら全てを相続することになるのです。様々な状況がありますので、一概に言えませんが、基本的にはマイナス部分が大きい場合は全てを放棄すべきでしょう。

(マイナスだけを放棄することはできません。)また、最終的にプラスかマイナスかわからない場合は限定承認という手続きも可能です。プラスの財産の範囲内でマイナス財産を補うという手続きになります。これらの手続きは相続が決定してから3ヶ月以内に家庭裁判所に手続きしなければいけません。手続きは慎重に行わなければいけませんから、弁護士に相談した方がいいでしょう。また、対象の人間が多数いる場合は分割協議という部分も考えなければいけません。プラスの遺産のみの場合は、当事者間で納得できる形で協議すれば何も問題ありません。

注意しなければいけないのが、マイナスの遺産、特に借金の場合は、当事者間の協議は債務者には関係なく、法的に決められた分与に応じて求償(請求)することができる点です。マイナスの遺産の分割協議は債務者への合意も得ることが必要となるのです。非常にデリケートな部分を多く含みますので、弁護士に相談して、当事者を交えてしっかりと確認しながら手続きを進めることをお薦めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *