相続のトラブルを避けるための事前の弁護士相談

人はいつかはあの世に旅立たなければならないことから、高齢になると心配になってくるのが自身亡き後の相続に関わる問題です。

相続の順位や受け取ることができる遺産の割合などは、いちおうは「民法」という法律にかかれており、何事もなければ法律の内容通りに遺産は分割されることになりますが、ことにお金が絡む問題であるだけに、これをきっかけとして誰がどの遺産を継承するかで親族同士で争いになり、悲惨な末路を辿るということも珍しくはありません。こうした親族間のトラブルを防止するためには、生前から弁護士に相談するなどして法律上の知識を身に付けるとともに、遺言書などのかたちで相続のしかたについての道筋を付けておくことがポイントとなります。

相続人となるべき人のなかには、介護と子育てを両立させて頑張っており、経済的に特別な配慮が必要な人もいることでしょうし、逆に浪費癖があるなど普段からの素行に問題のある人も混じっているおそれがあります。こうした違いを無視して法律通りに相続をさせることが、そもそものトラブルの原因となっているため、生前に弁護士と相談の上、しっかりとした判断のものとに遺言書を残しておけば、その内容が優先され、トラブルを未然に防ぐことができます。

弁護士によっては、初回の30分程度の相談については無料で引き受けてもらえる場合もありますので、不安がある場合は迷わず予約をとって、こうした相談を受けてみるとよいでしょう。
みんなの法律広場のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *