離婚カウンセラーの選び方

パートナーとのトラブルで離婚を考えた場合、まずはカウンセラーなど第三者に相談する事が大切です。

プライベートな事なので誰にも相談できずにいるという人も多いものですが、プライベートな問題であるからこそ客観的な立場でアドバイスをしてくれる人に相談する事が大切です。但し、カウンセラーにも様々な人がいるので、相談相手を選ぶことが必要です。中にはビジネスと割り切っている人もいるので注意が必要になります。

このような人は相談料として慰謝料の数パーセントを報酬として請求してくる場合が多く、離婚しないことには自分の利益にならないため、積極的に離婚を勧め、パートナーに一方的に非があるようにけしかけてくるケースが多いのです。優秀な離婚カウンセラーを選ぶためには、まずは双方の言い分をしっかりと聞いて判断する人が望ましいものです。どちらか片方だけの言い分の場合には感情的な要素が入り混じっており、冷静な判断が出来ない可能性があります。

両方の言い分を聞いたうえでどちらに非があるのかということと、最終な結論を分けて考えられる人で有る事が大切です。離婚は非常に体力と精神力が必要なものであり、またその後の生活の維持についても冷静に考えなければいけないものです。安易に結論を下してしまうとその後の生活が立ち行かなくなってしまうことにもなりかねません。その為、問題を総合的に考え、一時の感情に流されることなく総合的に良い判断をしてくれるカウンセラーを見つけることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *