離婚すると決めたなら弁護士にアドバイスをもらおう

現代は老若男女に関係なく多くの方がさまざまな理由から、一度は愛して結婚した相手との離婚を決意することが増えているといっても大袈裟ではありません。

それにはまたいろいろな理由が挙げられますが、ともかくパートナーとの別れを決めたら一刻も躊躇することなく弁護士に相談してアドバイスをもらうと安心です。いざとなれば結婚届を一枚役所へ提出すれば済む婚姻と違って、離婚はそれまで一緒に生活した時間が長ければ長いほど別れる前にきちんと決めなければならないことが多いからです。たとえば婚姻関係を結んでいる間に夫婦で築き上げた財産を公平に分けたり、離婚後の生活費の問題もあるでしょう。

また未成年の子どもがいれば親権はどちらが持つか、面会権はどうするか、養育費はいくらになるかなどたくさんの細かなことを決める必要が生じるのです。そのうえ夫婦の片方が不倫をしたなどの理由で離婚に対する責任がある場合は、慰謝料の問題も発生します。

しかし一般の方が何度も結婚や離婚を繰り返すことはないため、どうやって条件を話し合って決めるかなど経験が無ければ分からないこともあります。そのようなときに法律の専門家である弁護士に相談すれば、個々の事情の違いはあっても大まかな点の対処方法がはっきりするのです。法律に精通している弁護士は依頼人に忠実に相手側との交渉してくれますので、非常に頼もしく心強い味方となるアドバイザーだといえるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *