離婚の時に弁護士に頼むメリットとは

離婚をする場合は、いくつかの段階があることはご存知でしょう。

配偶者と別れたいからといって、いきなり裁判に持ち込めるのかというと、そうではありません。まず協議離婚といって、夫婦の話し合いによって別れるかどうかを決めることになります。この場合は特に弁護士に依頼することはありません。それでも成立しないという場合は調停があります。この時も調停委員がそれぞれの話を聞いてくれるので、特に弁護士を頼む必要はありません。

弁護士を依頼した方がいいのは、調停でも成立せず裁判となってからのことです。裁判になると、当事者の代理人が必要になるからです。どの事務所に相談したらいいのかわからない場合は、ネットで調べるなり、法テラスで相談するなりしてみましょう。もし自分で調べる時は、当然ですが離婚に強い事務所を選ぶようにします。しかしだからといって、夫婦の話し合いや調停で離婚する場合でも、弁護士に依頼することのメリットはあります。

たとえばその人が確実に別れることができるように、アドバイスをしてもらうこともできます。それから、素人にはわかりにくい調停の書類の書き方などを、教えてもらうこともできます。ですから夫婦の話し合い、あるいは調停の段階であっても、依頼しておくのがいいでしょう。最近では、離婚に強い弁護士事務所では、その人の予算に応じたプランを組んでくれたりもします。費用は事務所によっていくらか差がありますので、相談の時に聞いておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *